HOME »
【目的別】幼児期から育てたいこと ~遊びの中で育む~

【目的別】幼児期から育てたいこと ~遊びの中で育む~

このカテゴリーでは、バランスのいい大人になるために、幼児期から育てておきたいことについて、考えてみましょう。

たくさん遊んで、バランス良く

脳科学が進歩した近年では、子どもの発達段階に適したアプローチがなされるようになりました。

生れたての赤ちゃんの脳はまっさらな状態で、まるでスポンジのように知識を吸収していきます。この時期から、脳のシナプスがどんどんとつながり、神経回路が複雑化し、次第に考える力が育まれていくことがわかっています。

一昔前は大家族のなかで、生れた時からたくさんの刺激を受けて子どもは育っていました。子どもなりに、感じ、考え、行動できる環境が整っていたのです。

しかし最近では、核家族化が進み、一人っ子も増えて、母親と子どもだけという時間が多くなりがちです。いくら知能を育てても、人と人との関係が少なければ、人を思いやる気持ちや競争心、勇気をもつことや我慢することなど、感情を育むことにはできません。

そこで人気を集めているのが幼児教室です。

遊びを通して、幼児期から知能を高め、心を育み、健康な身体作りができるよう、バランスのよいカリキュラムが組まれています。

それぞれの幼児教室には特徴があり、教材やカリキュラムが異なります。幼児教室に通わせる場合は、できるだけバランスのよい指導をしてくれる教室を選びたいものです。

特に新米ママには、ママも一緒に参加できたり、ママの悩みや相談にものってくれるような、親子共に成長できる教室がオススメです。頭を使うことも、心を使うことも、身体を使うことも、繰り返すことで身に付き、次のステップへと進むことができるからです。

ただし、幼児教室だけに頼るのではなく、日頃からママやパパが一緒に遊んであげることが大切。子どもたちは遊びながら学び、家族との関係から、友達との関係へと世界を広げながら、バランスよく成長していくことでしょう。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら