身体を育てる

ここでは、子どもの身体を育てる際に気を付けたいこと、幼児期にどのようなことをすると良いのかについて、解説します。

親の心がけ次第で決まる子どもの運動能力

運動能力は遺伝すると言われていますが、環境による要因が大きく関わっていることも事実です。運動できる環境を整えれば、子どもの運動能力を伸ばすことはできるのです。

人気の幼児教室Best10

だからといって、無理やり身体を動かさせるのではなく、自由に伸び伸びと遊ばせてあげることが大切です。

赤ちゃんは、寝返りに始まり、お座り、ハイハイなどができるようになり、自ら運動能力を育んでいます。

この時期は、好奇心や探究心が身体を動かす原動力です。好きなだけ動けるように、家の中を整えてあげましょう

お母さんもスキンシップをしながら、一緒に遊んであげるとより効果的です。

歩けるようになると、遊具などを使って身体を動かすようになります。こうなると家の中だけでは不十分、公園などに出向き、全身を使った遊びを楽しみます。

この時期は、同じことに繰り返し何度も挑戦します。危険がないよう配慮しながら、根気よく付き合ってあげましょう

幼児教室を利用した子どもの健康維持

運動能力が高いに越したことはありませんが、まずは健康に育って欲しいと思うのが親でしょう。健康な身体のためにも、幼児期から身体を動かす習慣を付けておきたいものです。

人気の幼児教室Best10

しかし、都会では、子どもたちが遊ぶ環境は限られ、室内で過ごす時間が多くなりがちです。

そこで利用したいのが、幼児教室です。

水泳教室も人気ですが、ママも水着になるという高い(?)
ハードルがありますし、体操教室やサッカー教室は、早くても3歳からです。

しかし、0~3歳児向けの幼児教室の中には、知育カリキュラムの一環としてリズム体操や運動器具を使っての身体作りの時間を設けているところがあります。

幼児の健康のためには、頭も心も身体もバランスよく育つことが大切という教育理念の教室を選べば、運動の内容や安全性についても安心できます。

また、幼児教室なら、食事の前には手を洗う、食事の後には歯を磨く、といった生活習慣も楽しく教えてもらえるので、健康維持については万全と言えるでしょう。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら