HOME » 幼児教室の失敗しない選び方 »
幼児期と教育の関係性とは?

幼児期と教育の関係性とは?

ここでは、幼児期に教育する大切さ、子供にどのようなことを教えればいいか、幼児教室に通い始めるべき時期などについて解説しています。

幼児期に大切なこと

幼児期において最も大切なことはもちろん、愛情いっぱいに育てることです。
一緒に絵本を読んだり知育玩具で遊んだり、近所の公園へ散歩に行ったりすることで好奇心がわき、お子さんの知性が養われ、将来の人格形成に関与します。

絵本の文字を読めるようになる・積み木やお絵かきが上手にできたなど、遊んでいる時にたくさん褒めたり、頑張ったことを認めてあげることは最も大切だと言えます。

幼児期は、父親や母親を中心とした家族と多くの時間を過ごします。
人間の脳は、生まれてから3歳までに80%近くが形成され、やる気や集中力・自信といった経験や学習がその後の人生に大きな影響を与えると言われていますから、ご家族とどのように過ごすかは非常に大切です。

幼児期にするべき教育

「脳育」と言われるほど子供の脳がどんどん成長し、身体の成長や脳の発達をするために、幼児の教育は最も大切な時期です。
ここでは、幼児期にするべき教育について下記にまとめていますので、ご覧ください。

幼児期にするべき5つの教育とは

  1. コミュニケーションをとる
    お子さんが何かを話している時は、テレビやスマートフォンなどを見ずに、最後まで話を聞いてあげましょう。
    話を真剣に聞き、返事をすることで、自分を認めてくれる存在と感じ、自己肯定感が芽生えます。
  2. 考える力を育てる
    幼児期のお子さんは色々なことに興味を持っています。
    自分で興味を持って行動し、チャレンジと失敗を繰り返しながら学習していきます。
    その好奇心を上手にサポートしてあげましょう。
  3. 我慢することを覚えさせる
    我慢ができるお子さんは、ルールやマナー、約束を守る・相手の気持ちを考えて行動をとる事ができるといいます。
    お子さんの目線で静かにゆっくりと我慢をする理由を話し、納得させることが大切です。
  4. スポーツをしたり外で遊ぶ
    スポーツをすることで、お子さんは心身ともに健康になります。
    普段の遊びも大切です。
  5. 音楽を聴かせる
    様々な音やリズムを聴かせましょう。
    おもちゃの楽器を使って実際に音を出したり、J-POPやクラシックなど様々な音楽を聴かせることで、自然と身体が動いて五感の刺激になります。

幼児教室に通い始める時期

幼児教室は、0歳から通わせるなど、早い時期から通わせましょう。
早ければ早いほどいい影響があると言われています。仕事や一緒に遊ぶ時間、学ぶことなど、家庭でカバーしきれない事も見てくれます。

幼児教室の授業内容の例

  • 0歳…親子で歌を歌ったり言葉を覚えたり、体を使った遊びで全身の発達を促します。
  • 1歳…クレヨン、のりなどを使って絵を描いたり、工作を楽しみながら脳を刺激します。
  • 2歳…マナーや挨拶などのしつけや、学ぶ意欲・好奇心を育みます。人の話を正しく理解し行動できるよう、自立を促し、成長します。

幼児教室に通うと、他のお友だちと一緒に学ぶことで刺激され、人の話を聞く力・じっと座ること、集中する力など、人とのかかわり・仲間とのコミュニケーション能力が身に付きます。

大切なのは、子どもの成長にとって今何が必要かを見極めること。学ぶことに最適な環境をサポートしてあげましょう。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら