HOME » 幼児教室の失敗しない選び方 »
幼児教育の種類

幼児教育の種類

ここでは、幼児教室の種類と形態ごとの特徴を解説しています。

幼児教育の種類

幼児教育の種類は大きく分けて3種類に分類することができます。以下にまとめたので、参考にしてください。

  • 知育系
    知育系知能的な発達を育てることです。子供に知能や社会性などを身につけさせたい方にオススメです。
    知育系の幼児教室では、文字の読み書きなどを習うほかに、友達と一緒に遊ぶという集団行動のルールを学ぶことを中心に行います。
  • 外国語系幼児教室
    幼児期から英語・中国語・フランス語・スペイン語など様々な言語を学ぶことで、国際的な社会に対応できるよう教育します。
    ネイティブな発音を講師と一緒に歌を歌ったりお絵かきをして、遊びながら語学力を養うことができます。
  • 運動系
    体操や水泳など、体を動かすことを中心に行います。
    スポーツが上手くなるため、という目的もありますが、丈夫な体をつくるという体質改善を目的とするために通うお子さんも多いです。
    運動系の幼児教室に通うことで、幼児期から体を動かして遊びながら健康な身体をつくり、柔軟性や俊敏性といった身体能力の向上はもちろん、挑戦する力も向上します。

教室ごとの特徴

お子さんが将来どのように成長してほしいのか、どんなことを学んでほしいのか、将来どのように成長して欲しいのかによって、選ぶ幼児教室を考えましょう。

ホームページの情報や資料請求をし、興味がある幼児教室は直接問い合わせたり、見学してみるといいかもしれません。

一番大事なのは、子供自身の意見を十分に取り入れることです。
生まれてから数年で学ぶ情報量や知識量は、大人になってからの10年、20年分と言われています。

大切な時期だからこそ、色々な幼児教室の体験レッスンにお子さんと一緒に見学会に参加して、お子さんにぴったりの教室を見極めるとよいでしょう。

幼児教室に通うことで才能や知能をより多く育むことができ、コミュニケーションやスキンシップ、学ぶ楽しみを覚えることができるでしょう。

あくまでもお子さんが自発的に学べる教室を選ぶことが成長につながり、才能や知能を伸ばすきっかけになります。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら