HOME »
【年齢別】できるようにしたいこと ~幼児教材を活用~

【年齢別】できるようにしたいこと ~幼児教材を活用~

このカテゴリーでは、年齢別の発達目標と、幼児教材を利用した働きかけについて、説明します。

楽しんで学べる幼児教材で知力を伸ばす!

この時期の乳幼児にとっては、なんといっても、楽しんで遊ぶことが、学びです。

絵本や積み木など、遊び道具はいくらでも手に入る時代なので、おばあちゃんやおじいちゃんからのプレゼントでいっぱい、という方も少なくないでしょう。

とはいえ、あまりにたくさんあり過ぎて、いつ、どれを、どのように与えたらいいのかという選択に、新米ママさんは迷ってしまうのではないでしょうか。

幼児期は、知的好奇心をくすぐられたものだけに自発的に頭を使うという特性があるので、これを利用して、お子さん自身に選ばせるというのもいいかもしれませんね。

実績のある幼児教室では、こうした子どもの特性を活かしながら、発達段階に応じた働きかけができるオリジナルの幼児教材を開発し、使い分けています。

教室によっては、こうした知育教材を毎日の生活の中でも活かせるように、教室内で使うだけでなく、自宅に持ち帰れるようにしたり、詳しくアドバイスしてくれるところもあります。

発達段階ごとに興味を引く教材を適切に与えていくことで、子どもの能力はずみずみまで開発され、しっかりと成長の階段を昇っていくことができるのです。

身体は目に見えて成長していきますが、脳の中は見ることができません。それでも、言葉を発したり、歌えるようになったり、自分の思いを伝えるようになったりと、成長を感じられるものです。

脳が柔軟な幼児期に、効果的な幼児教材を使える環境を用意してあげることは、子どもの将来への大きなプレゼントになることでしょう。

また、どんどんと視野が広がっていく時でもあるので、「ママと一緒で楽しい」から、「お友達といっしょだから楽しい」へ成長してゆける環境を与えてあげることも重要です。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら