2歳

ここでは、2歳児の標準的な発達と、それを促す働きかけについて解説します。

2歳児の発達に適した遊びや環境とは?

2歳児の脳は、めきめきと発達していきます。右脳優位で、脳の質も伸びも最高の時期です。

与えられたことをどんどん吸収し、理解力が伴ってくるので、幼児教材を使えば使うほど、できることが増えていきます。

手先の器用さを育てるのにもよい時期です。ひも通し、はさみ使い、パズルなど、楽しんで取り組めるものを与えてあげましょう。手先を使う作業は、脳にも良い刺激となります。

インプットだけでなく、次第にアウトプットも増えてきます。また、この頃から、生涯役立つ記憶力を身につけることもできます。

2歳ともなると赤ちゃんの面影は薄れ、自分でできることが増えてきます。朝起きてから夜眠るまで、身体を動かし、言葉を覚え、学びたい意欲に溢れ、何でも自分でしようとします。

食事、衣服の着脱、お手伝いなど、子どもの思う通りにさせてあげ、できたらしっかりほめてあげると、やる気や自信がもてるようになります。

2歳児からの幼児教室

2歳は、「魔の2歳」という言葉があるように、子どもの「イヤイヤ」に振り回される第一次反抗期が訪れる時期です。一方では、これまでとは違った知的な反応も出てくるので、成長を最も楽しめる時期でもあります。

人気の幼児教室では、発達段階に応じた適切なおもちゃや教材が配られるので、子どもたちの興味をグイグイ引き付け、能力を伸ばしてくれます。反抗期に悩まされているようであれば、一度、体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。イヤイヤなんて忘れさせて、楽しいことに集中させてあげましょう。

赤ちゃんの時期は外出もおっくうになりがちですが、2歳ともなればお散歩も大好きになるでしょう。友達や先生に会える楽しみも、新しい刺激となります。

また、週1回程度のお出かけは、ママのストレスも軽減してくれるでしょう。ママの不安やストレスを、子どもは敏感に感じ取ってしまうものです。幼児教室に通うことで、ママが笑顔でやさしく褒めてくれるなら、お子さんはさらに楽しく学ぶことができるのではないでしょうか。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら