3歳

ここでは、3歳児の標準的な発達と、それを促す働きかけについて解説します。

3歳児の発達に適した遊びや環境とは?

3歳児は、考える遊びをさせればさせるほど、考える能力が発達します。

自分の考えを持つようになるので、絵本を読み聞かせながら、主人公はどんな気持ちなんだろと考えさせてみましょう。

また、小さい頃からプリントを始めることで、考えて答えを出すことを学び、自然と机に向かう習慣も身につきます。

細やかな技術も発達する時期です。ハサミを使う、ひもを結ぶ、ボタンをかける、折り紙をするなど、手先を使う環境を与えてあげましょう。
幼児教室の教材は、発達段階に応じたおもちゃや教材が配られるので、新米ママがあれこれ悩まなくても、適切な環境を与える手伝いをしてくれます。

3歳の脳は右脳優位から左脳への移行期でもあり、考える力が急速に伸びます。母親からも自立し始め、何でも自分でしたがるようになります。

自己主張と反抗は異なるので、子どもの成長を受け入れて、小さな自立を手伝ってあげる気持ちで接するとよいでしょう。母親の愛情が十分に伝わることで、安心してさまざまな能力を伸していきます。

3歳児からの幼児教室

3歳は幼稚園の存在を意識しだす頃です。家族や仲良しの友達とは上手に遊んだり接することができても、知らない世界、経験したことのない環境では、尻込みをしてしまうこともあります。

幼稚園の体験入学や実際の入園で、ママと上手にお別れできなかったり、友達の輪に入れない子どももいます。幼児教室でさまざまな体験をしておけば、幼稚園への入園もスムーズにいきます。

また、幼稚園受験や小学校の受験を検討している親御さんも多いですよね。基本的な知能を伸ばしてくれる幼児教室は、こうした受験にも強い味方になってくれます。受験対策コースを設けている教室も多くあります。

子どもの個性は千差万別。いくつかの教室で体験レッスンを受け、子どもが思いっきり楽しめ、親としても納得でき、信頼できる先生のいる教室を見つけたいものです。

0~3歳児向け
人気の幼児教室
ランキング!
詳しくはこちら